「人に迷惑かけない」で孤立 老老介護の末姉殺害の妹に有罪判決

自宅で介護していた姉=当時(84)=の口と鼻をふさぎ窒息死させたとして、殺人罪に問われた東京都北区の無職、玉置キヌヱ被告(82)の裁判員裁判判決公判が2日、東京地裁で開かれ、高橋康明裁判長は懲役3年執行猶予5年(求刑懲役5年)を言い渡した。

判決理由で高橋裁判長は、口と鼻をウエットティッシュなどでふさぎ、窒息死させたことについて「病気で弱り、意識がもうろうとして抵抗できない被害者を確実に死に至らしめる行為」と指摘。一方で「非常に苦しく絶望的な状況下での犯行で、長年2人きりで連れ添ってきた被害者の殺害を決意した心境については十分同情できる」とし、執行猶予が相当とした。

「姉ちゃん、ごめんね」。執行猶予付きの有罪判決を受けた玉置キヌヱ被告は、こう謝りながら姉を殺害した。公判では、「人に迷惑をかけない」という親の教えを胸に長年力を合わせて暮らしてきた姉妹の、やるせない結末が明らかになった。

冒頭陳述や判決などによると、姉妹は福岡県出身。普通のサラリーマン家庭で育ち、被告は地元の高校を卒業して化粧品関連の仕事をしていた。約60年前、「喫茶店を開きたい」という姉とともに上京。同居生活を始めた。

結局、姉は会社勤めを選択。被告は家事を担った。ともに未婚で、姉の退職後は、2カ月に一度支給される計約20万円の年金を支えに、つつましく生活した。2人で旅行することもあり「(北海道の)層雲峡が一番楽しかった」という。

だが、事件現場となった北区内のマンションに引っ越した平成28年ごろから、姉は体調を崩しがちになった。親はもちろん、他のきょうだいもすでに他界。周囲に頼れる親族はおらず、被告は一人で介護を始めた。

翌29年からは週1回の訪問看護とケアマネジャーの助けを受けるようになったが、姉は31年に排泄(はいせつ)や入浴、衣服の着脱に全面的な介助が必要な「要介護4」の判定を受け、令和元年5月には自宅で転倒し、寝たきりに。ケアマネジャーは何度も特別養護老人施設への入所や生活保護の受給を勧めたが、被告は「入所費用を払うと生活できない。生活保護は絶対に受けたくない」と拒否し続けた。

理由は、幼い頃から両親に言われていた「人様に迷惑をかけるな」という教えだった。おむつの交換や身体を拭く方法を看護師から学び、一人でこなした。証人尋問で出廷したケアマネジャーは「訪問看護が来る前に仕事が終わっていた。普通なら音を上げて、介護サービスを使っている」と証言した。

被告は公判で「姉との生活は楽しかった」とも語った。介護中は二人で他愛のない話をし、姉が満足にしゃべれなくなってからはホワイトボードを使い筆談したという。だが、2年1月には最も重い「要介護5」に。貯金も尽き、事件直前には訪問看護をやめ、家賃も滞納するようになった。

そして事件当日。姉が発熱し、被告自身の体調も悪化。「これ以上介護できない。殺すしかない」と決意した。「首を絞めるのは残酷でできない」。ウエットティッシュで姉の口と鼻を2~3分ふさぎ、謝りながら手を握った。抵抗されることはなかった。その後、姉の後を追おうと自らの首を手で絞めたが苦しくてできず、110番通報した。

「姉が一番好きだった。姉に申し訳ない」。逮捕後、取り調べでこう供述した被告。耳は遠くなり、公判には補聴器を着けて臨んだ。患っていた軽度の認知症が進行し、会話がかみ合わないこともあった。

「親から教えられ、長年にわたる2人きりの生活の中で培われた『他人に迷惑をかけてはいけない』という考えから抜け出せなくなっていた。被告には、周囲の助けを得て生活を続けていくという選択肢はなかった」。裁判長は、量刑理由の中でこう言及した。被告は時折うつむきながら、判決を受け止めていた。(塔野岡剛)