ぴかぴかのナナちゃん登場 名古屋、15年ぶり補修完了

補修作業を終えてお披露目された名鉄百貨店の巨大マネキン「ナナちゃん」=1日午前、名古屋市
補修作業を終えてお披露目された名鉄百貨店の巨大マネキン「ナナちゃん」=1日午前、名古屋市

名古屋駅前の待ち合わせスポットとして有名な名鉄百貨店(名古屋市)の巨大マネキン「ナナちゃん」が1日、15年ぶりの補修作業を終え、お披露目された。開店記念日のこの日に「お化粧直し」でぴかぴかになったナナちゃんが花を添えた。

高さ6・1メートル、重さ600キロのナナちゃんは1973年に設置された。雨風や経年劣化で付いた傷を直すため、頭や足など七つのパーツに分けられて11月9日に撤去。京都市の工場で補修されていた。

補修作業を終え、組み立てられる巨大マネキン「ナナちゃん」。手前は妹のマネキン「ミナちゃん」=11月30日夜、名古屋市
補修作業を終え、組み立てられる巨大マネキン「ナナちゃん」。手前は妹のマネキン「ミナちゃん」=11月30日夜、名古屋市

1日朝の除幕式では名前の読みが「なな」の女性社員2人がマネキンにかけられた布を引き、101個の水玉があしらわれた青いワンピース姿のナナちゃんが登場。百貨店の「百」に「プラス1」のサービスを提供したいという願いを込めた。周りでは歓声や拍手が起こった。

補修作業を終えてお披露目された巨大マネキン「ナナちゃん」。手前は柴田浩名鉄百貨店社長(中央)と名前の読みが「なな」の女性社員2人=1日午前、名古屋市
補修作業を終えてお披露目された巨大マネキン「ナナちゃん」。手前は柴田浩名鉄百貨店社長(中央)と名前の読みが「なな」の女性社員2人=1日午前、名古屋市
補修作業を終えてお披露目された名鉄百貨店の巨大マネキン「ナナちゃん」=1日午前、名古屋市
補修作業を終えてお披露目された名鉄百貨店の巨大マネキン「ナナちゃん」=1日午前、名古屋市


会員限定記事会員サービス詳細