重さ4・2キロ、駅外壁落下 強風の影響、JR森駅

外壁の一部がはがれ落ちたJR函館線森駅=1日午後(JR北海道函館支社提供)
外壁の一部がはがれ落ちたJR函館線森駅=1日午後(JR北海道函館支社提供)

JR北海道函館支社は1日、JR函館線森駅(森町)で、重さ約4・2キロの駅舎外壁一部がはがれ落ちたと発表した。強風が原因とみられる。駅正面に設置されていたが、けが人はいない。

同支社によると、落下した外壁は縦87センチ、横182センチ、厚さ0・3センチ。壁材はケイ酸カルシウム製で、高さ3メートルに設置されていた。同日午後1時半ごろ、タクシー運転手が気付き駅員に報告した。

はがれ落ちた重さ約4・2キロの駅舎外壁の一部=1日午後(JR北海道函館支社提供)
はがれ落ちた重さ約4・2キロの駅舎外壁の一部=1日午後(JR北海道函館支社提供)

11月の目視点検で異常はなかった。他の駅でも調査する。

外壁の一部がはがれ落ちた(赤で囲った部分)JR函館線森駅=1日午後(JR北海道函館支社提供)
外壁の一部がはがれ落ちた(赤で囲った部分)JR函館線森駅=1日午後(JR北海道函館支社提供)

会員限定記事会員サービス詳細