歌舞伎俳優の中村吉右衛門さん死去 77歳

中村吉右衛門さん
中村吉右衛門さん

人間国宝の歌舞伎俳優で、テレビ時代劇「鬼平犯科帳」でも人気を博した中村吉右衛門(なかむら・きちえもん、本名・波野辰次郎=なみの・たつじろう)さんが11月28日、心不全のため死去した。77歳。葬儀・告別式は親族で行う予定。

初代松本白鸚の次男。祖父の初代吉右衛門の養子となった。昭和23年、4歳のときに中村萬之助(まんのすけ)を名乗り初舞台。41年、二代目吉右衛門を襲名した。

深みのある芝居と口跡の良さで当代きっての立ち役として活躍。義太夫狂言から世話物と幅広いジャンルで高く評価された。松貫四(まつかんし)の筆名で「日向嶋景清(ひにむかうしまのかげきよ)」などの歌舞伎の脚本も執筆した。

当たり役は「熊谷陣屋」の熊谷直実(なおざね)や「菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)」の松王丸、「勧進帳」の弁慶、「仮名手本忠臣蔵」の大星由良之助、「引窓」の南与兵衛など数多い。

最後の舞台は今年3月、「三月大歌舞伎」第3部「楼門五三桐(さんもんごさんのきり)」。石川五右衛門役で千秋楽前日の同28日まで舞台に立ったが、出演後に体調不良を訴え、病院に救急搬送。舞台復帰を目指し、療養を続けていた。

早稲田大学第一文学部仏文学科中退。二代目白鸚さんは実兄、娘婿は尾上菊之助さん。平成14年、日本芸術院会員。23年、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。29年、文化功労者に選出された。絵画が趣味。