速報

速報

国内感染者が過去最多 新型コロナ「第6波」

産経抄

12月1日

田中英寿容疑者
田中英寿容疑者

学生時代から天才の称号がついてまわった元横綱の輪島さんは、日本大学相撲部の1年後輩に当たる。学生横綱、アマ横綱などタイトルを総なめにして、プロ入りの誘いもあった。ただ「残って後輩の指導にあたれ」との大学側の意向に逆らえなかった。

▼面倒見のよさが見込まれた。相撲部監督として、舞の海さんら多くの有力力士を大相撲に送り出した。その名伯楽ぶりは、『土俵は円 人生は縁』と題した著書にくわしい。ただ、首をかしげるような記述もある。

▼たとえば部員たちと食堂に入ったとする。監督の言動に気を配ることなく、自分たちだけでひそひそ話をしている連中には試練を与えた。勘定を払わないまま、置き去りにして出てしまう。チーム融和の大切さを学ぶのが目的だという。本人は「スペシャル教育」と呼んでいた。

ランキング

  1. 【風を読む】廃校を狙う中国エリート校 論説副委員長・佐々木類

  2. 【正論】「偽情報」拡散も安全保障の脅威 日本大学教授・松本佐保

  3. 【一筆多論】認知症薬、期待と現実と 佐藤好美

  4. 【産経抄】1月18日

  5. 【主張】施政方針演説 安保の説明に熱量足りぬ

  6. 【浪速風】自衛隊法の改正急務

  7. 【直球&曲球】野口健 再び富士山噴火に警鐘を鳴らしたい

  8. 【正論】文政権の失敗から学ぶべき教訓 龍谷大学教授・李相哲

  9. 【世界の論点】コロナ「反ワクチン派の自由」

  10. 【ポトマック通信】米国にリーダーはいない