「小さな声聞こえてない」 松井氏、クーポン方式批判

大阪市の松井一郎市長=1日午後、市役所
大阪市の松井一郎市長=1日午後、市役所

大阪市の松井一郎市長(日本維新の会代表)は1日、新型コロナウイルスの経済対策として政府が決定した、18歳以下に現金とクーポンで10万円相当を給付する施策について「クーポンを配る方式では膨大な時間がかかるし多額のコストもかかる。現実的ではない」と批判した。政府に対し、給付の手段を自治体が判断できるように求めた。

政府は所得制限を設けた上で現金5万円の給付を年内に開始。残る5万円は新学期や入学シーズンの来春をめどに、子育て関連に使えるクーポンの形で配る方針だ。

松井氏は「卒業生や入学生(がいる世帯)のニーズに合った形で消費を拡大したいというのであれば、間に合わない。岸田(文雄)首相の趣旨がどうもぶれている」と皮肉った。

18歳以下への10万円相当の給付は公明党が主導。松井氏は公明のキャッチコピー「小さな声を、聴く力」を引き合いに、「小さな声は現金給付を望んでいる。山口(那津男)代表はどう考えても小さな声が聞こえていない」と述べた。

市として中学生以下の5万円給付は児童手当の仕組みを活用し、今月末をめどに支給するという。

会員限定記事会員サービス詳細