福岡県議会が十中副議長の非難決議可決

十中大雅副議長の非難決議案を可決した福岡県議会本会議=1日
十中大雅副議長の非難決議案を可決した福岡県議会本会議=1日

福岡県議会は1日の本会議で、来年1月の同県久留米市長選に立候補するため辞職願を提出していた十中大雅副議長(自民党)の非難決議案を賛成多数で可決した。十中氏の議員辞職は許可した。

十中氏は先月16日までに「一身上の都合」として、議会に議員の辞職願を提出。同日、記者会見で久留米市長選への出馬を表明した。

秋田章二議長は12月議会を目前に副議長が不在となることは「議会運営に支障が出る」などとして、翻意を促すとともに議会での説明を求めたが、十中氏は応じなかった。

決議案は自民など県議会主要4会派の代表が提出した。議会への説明や、辞職が許可されるまでの職務遂行は「副議長の職責」だと指摘し、「職責放棄に抗議し、非難する」などとした。

新たな副議長は6日の本会議で選出する予定。

会員限定記事会員サービス詳細