ワクチンは?重症化リスクは?オミクロン株、専門家の見方

関西国際空港の国際線出発ロビー。外国人の入国が原則停止され、便数が少なくなっている=11月30日
関西国際空港の国際線出発ロビー。外国人の入国が原則停止され、便数が少なくなっている=11月30日

新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」による感染が世界中で広がっている。従来の変異株より感染力が強いとされるものの、重症化しやすいかどうかは「十分な疫学情報がなく不明」(国立感染症研究所)。水際対策を強化する日本国内でも1日、2例目となる感染が確認され、警戒感が強まっている。ワクチンの3回目の追加接種が始まった今、できることは何か。専門家に聞いた。(花輪理徳、桑村大)

海外で重症者少なく

南アフリカでは感染の主流がデルタ株からオミクロン株に置き換わったとみられる。関西福祉大の勝田吉彰教授(渡航医学)は「オミクロン株がデルタ株よりも増殖スピードが速いことが推察される」と分析する。

政府は外国人の新規入国を原則停止するなど水際対策を強化。一部では一律的な渡航制限を批判する声もあるが、「病原性や感染力の詳細が分かるまでは水際対策を強化した方がよい」と理解を示す。その上で「国内でも感染が広がることを前提に、重症化率や入院率を見極め、病床の確保や検査体制の拡充などの準備を進めるべき」と訴える。

一方、南アフリカではオミクロン株による重症者が少ないとの報告がある。 他の地域も同様で、欧州連合(EU)機関の欧州疾病予防管理センター(ECDC)によると、11月30日時点で域内の11カ国で計44人のオミクロン株の感染者が報告された。だがいずれも無症状か軽症にとどまり、重症者や死者はいなかったという。「日本国内ではワクチン接種も進み、オミクロン株でも重症化する人の割合は小さくて済むかもしれない」(勝田教授)。

ワクチンの効果は

オミクロン株は、ウイルスが人の細胞に侵入する足掛かりとなる表面の突起「スパイクタンパク質」に30カ所以上の変異があることが特徴だ。デルタ株など従来の変異株に比べ大幅に多いという。ウイルスを攻撃する抗体から逃れやすくなり、ワクチンや抗体医薬品が効きにくくなっている可能性も指摘されている。

「従来株より感染力が強いとみられるが、重症化リスクの情報が少なく、今後も注視が必要だ」と呼びかけるのは、東京医療保健大の菅原えりさ教授(感染制御学)。「詳細が判明するまで(オミクロン株に)過剰に警戒心を持つ必要はなく、手洗いやマスク着用といった基本的な感染症対策を徹底することが大切だ」と冷静な対応を求める。

国内では1日、ワクチンの3回目接種が始まった。菅原教授はオミクロン株に対してのワクチンの有効性は現時点で不明としつつも、「今ある手段で抗体価を高めることは、コロナに対する防御策になる」と意義を強調。「接種できる人は確実に打ってもらいたい」と推奨する。世界保健機関(WHO)も11月28日に公表した文書で「不確実性はあるが、現行ワクチンは重症化や死亡をある程度防ぐことができると考えるのが妥当だ」としている。

オミクロン株は全国的に感染「第5波」が収束し、経済活動の本格再開が加速した直後に台頭した。菅原教授は「現状の社会経済活動を維持しつつ、感染状況に応じて規制を強化するなど柔軟に対応することが重要だ」と訴えた。