オミクロン感染、国内初確認

アフリカ南部のナミビアから成田空港に到着し、新型コロナウイルスへの感染が判明していた30代男性について、解析の結果、新たな変異株「オミクロン株」と確認されたことが30日、分かった。国立感染症研究所で11月29日から男性の検体を解析していた。国内でオミクロン株の感染が確認されたのは初めて。

>オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘