フォト特集

オミクロン株「拡大早い」 空港、人影まばら

閑散とする羽田空港国際線ターミナル=30日午後
閑散とする羽田空港国際線ターミナル=30日午後

新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」対策で政府が外国人の新規入国を停止した30日、日本でも初の感染者が確認された。成田、羽田、関西の各空港の国際線ターミナルは人影がまばら。帰国者からは「ここまで早く広がるとは」と感染拡大を懸念する声が聞かれた。

全世界を対象に外国人の新規入国が原則停止。人影がまばらな羽田空港国際線ターミナルの到着ロビー=30日午前、羽田空港(佐藤徳昭撮影)
全世界を対象に外国人の新規入国が原則停止。人影がまばらな羽田空港国際線ターミナルの到着ロビー=30日午前、羽田空港(佐藤徳昭撮影)

羽田空港第3ターミナルの到着ロビーには外国人の姿はほとんどなかった。海外からの到着便を知らせる電光掲示板も欠航の黄色い文字が並んだ。ドイツから帰国した都内の30代男性会社員は「欧州でオミクロン株が拡大しているので不安だった。国内でも広がらなければいいが」と話した。

入国時の検査でオミクロン株の感染者が日本で初めて確認された成田空港。一時帰国先の韓国から戻った東京都新宿区の男性会社員(50)は「時間の問題とは思っていたが、ここまで広がるのが早いとは」と驚いていた。

出国便の欠航表示が並ぶ羽田空港国際線ターミナル=30日午後
出国便の欠航表示が並ぶ羽田空港国際線ターミナル=30日午後
外国人の入国が全面停止された成田空港。到着ロビーは閑散としていた=30日午後(飯田英男撮影)
外国人の入国が全面停止された成田空港。到着ロビーは閑散としていた=30日午後(飯田英男撮影)
全世界を対象に外国人の新規入国が原則停止。欠航の表示が目立つ羽田空港国際線ターミナルの到着ロビー=30日午前、羽田空港(佐藤徳昭撮影)
全世界を対象に外国人の新規入国が原則停止。欠航の表示が目立つ羽田空港国際線ターミナルの到着ロビー=30日午前、羽田空港(佐藤徳昭撮影)
全世界を対象に外国人の新規入国が原則停止。羽田空港国際線ターミナルの出発ロビーでは、使用されていないチェックインカウンターが目立った=30日午前(佐藤徳昭撮影)
全世界を対象に外国人の新規入国が原則停止。羽田空港国際線ターミナルの出発ロビーでは、使用されていないチェックインカウンターが目立った=30日午前(佐藤徳昭撮影)
人影がまばらな関西国際空港の国際線到着ロビー=30日午前11時37分(安元雄太撮影)
人影がまばらな関西国際空港の国際線到着ロビー=30日午前11時37分(安元雄太撮影)

会員限定記事会員サービス詳細