入国停止への反発「理解求め支援強化も」 松野官房長官

記者会見する松野官房長官=30日午前、首相官邸
記者会見する松野官房長官=30日午前、首相官邸

松野博一官房長官は30日の記者会見で、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染拡大を受け、政府が外国人の新規入国を制限した措置に南アフリカなどが反発していることについて、「各国に理解を求めたい」と述べた。発展途上国へのワクチン支援などを加速する意向も示した。

松野氏は「わが国として最悪の事態を避け、オミクロン株の情報がある程度明らかになるまでの念のための臨時異例の措置」とし、各国に理解を求めた。

新型コロナ収束への国際協力に関しては、ワクチンの公平分配を目指す国際的枠組み「COVAX(コバックス)」に対する計10億ドルの支援や、国外への計6000万回分のワクチン供与をはじめ、途上国などを念頭に置いた支援を加速する方針を重ねて示した。

一方、オミクロン株の国内感染に備え、水際対策に加え、全国のゲノム解析による監視体制の強化、オミクロン株を早期検出するPCR検査の手法開発などを挙げた。

各国の渡航制限では、オミクロン株を世界で最初に発見、報告した南アのラマポーザ大統領が日本などを名指しし、「科学的根拠に基づく判断ではない」と強く批判していた。