後藤厚労相「ルール変えない」 3回目接種の前倒しを否定

後藤茂之厚生労働相
後藤茂之厚生労働相

後藤茂之厚生労働相は30日の記者会見で、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」に対応するため、ワクチンの2回目接種から「原則8カ月以上」としている3回目接種の接種間隔を前倒しする可能性について、「必要があれば改めて判断をするが、今ある条件の中でルールを変えるつもりはない」と否定した。

3回目接種は、12月1日から医療従事者への接種が始まる。後藤氏は「自治体と緊密に連携しながら、まずは明日からの追加接種に万全を期したい」と強調した。

また、第5波の3割増の病床を確保する第6波に備えた医療提供体制をめぐり、オミクロン株が与える影響については、同株の実態が分かり次第「適切に医療体制の確保についても考えたい」と説明した。オミクロン株の可能性を調べる変異株PCR検査に関しては「手法が確立でき次第、各町自治体での実施を依頼したい」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細