国民・玉木氏「共産べったりの立民とは連携難しい」

国民民主党・玉木雄一郎代表(春名中撮影)
国民民主党・玉木雄一郎代表(春名中撮影)

国民民主党の玉木雄一郎代表は30日、立憲民主党の新代表に泉健太氏が選出されたことについて「政策を実現するため、一致できる政党には協力を求めていく立場だ。各党と等距離で、政策本位で協力を求めるところは求めていきたい」と述べた。

一方、立民が先の衆院選で共産党と選挙協力を行ったことをめぐっては「共産との関係がべったりしたものであれば連携は難しい」として、新代表のもとでの立民の路線を注視していく考えを示した。

会員限定記事会員サービス詳細