交番相談員宅が全焼2人けが 放火か

愛知県警本部=名古屋市
愛知県警本部=名古屋市

30日午前3時ごろ、愛知県小牧市城山4丁目の交番相談員、滝本裕之さん(64)方から「外で何か燃えている」と110番があった。愛知県警小牧署によると、木造2階建て住宅約160平方メートルが全焼し、滝本さんと長女(33)が喉をやけどするなど軽傷を負った。住人は「物を投げられたようだ」と話しており、署は放火の可能性もあるとみて原因を調べている。

同署によると、滝本さんは60代の妻と長女、孫(1)の4人暮らし。出火当時は全員が就寝中で、異臭がして火災に気付いた。滝本さんは県警を退職後、交番相談員を務めているという。捜査関係者によると、出火当時、現場から立ち去った人物がいるとの情報があり、行方を追っている。

会員限定記事会員サービス詳細