漫画家ら3人に賠償命令 伊藤詩織さんネット中傷

東京地裁が入る建物(今野顕撮影)
東京地裁が入る建物(今野顕撮影)

自らの性暴力被害を公表したジャーナリスト伊藤詩織さん(32)が、被害は虚偽だとするイラストをツイッターに投稿されて名誉を傷つけられたとして、漫画家はすみとしこさんら3人に計770万円の支払いを求めた訴訟の判決で、東京地裁は30日、3人に計110万円の支払いを命じた。

判決によると、はすみさんは平成29年6月~令和元年12月、伊藤さんとみられる女性を描いたイラストなど5件を投稿し「枕営業」などと記載した。男性2人は投稿をリツイート(転載)した。

小田正二裁判長は判決で、イラストは伊藤さんが性被害を装っているとの内容で「社会通念上許容される限度を超えた侮辱行為だ」とした。リツイートについても「自身の発言・意見と言え、責任を負うべきだ」と判断した。

会員限定記事会員サービス詳細