岸田首相「まだ危機の最中」 オミクロン株拡大を警戒

自民党役員会に臨む岸田文雄首相=30日午前、東京・永田町の自民党本部(矢島康弘撮影)
自民党役員会に臨む岸田文雄首相=30日午前、東京・永田町の自民党本部(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は30日の自民党役員会で、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大を踏まえ「われわれはまだ危機の最中にある。気を引き締めて対策にあたってほしい」と指示した。また、医療提供体制の強化、3回目のワクチン接種の実施、無料検査の充実、飲み薬の普及などを挙げて「(政府は)最悪を想定した準備を着々と進めている」と強調した。茂木敏充幹事長が役員会後の記者会見で明らかにした。

首相は役員会で、外国人の新規入国禁止など水際対策を強化したことについては「オミクロン株についての情報がある程度明らかになるまでの臨時、異例の措置だ」と説明した。