オランダで19日に感染者 南ア報告より早く欧州に

街を歩くマスク姿の女性=11月29日、アムステルダム(AP)
街を歩くマスク姿の女性=11月29日、アムステルダム(AP)

オランダからの報道によると、同国保健当局は30日、オランダで11月19日と23日に採取した二つの検体から新型コロナウイルスの新たな変異株、オミクロン株を検出したと発表した。南アフリカが初めて世界保健機関(WHO)に報告した24日より早い段階で欧州に存在していたことを示している。

感染者にアフリカ南部への訪問歴があるかどうかは不明という。当局は南アなどアフリカ南部7カ国を最近訪問した約5千人と連絡を取り、検査を受けるよう求めている。

また当局は30日までに、南アからオランダのスキポール空港に26日到着した航空便2便の搭乗者のうち、オミクロン株の感染者数は13人から14人に増えたと明らかにした。(共同)