群馬でこんにゃく重量コンテスト 優勝は4年もの28キロ

こんにゃくいもを測定する職員=29日、前橋市(佐藤津世子撮影)
こんにゃくいもを測定する職員=29日、前橋市(佐藤津世子撮影)

前橋市の花木流通センターで29日、群馬県内で生産された「こんにゃくいも」の重量コンテストが県蒟蒻(こんにゃく)生産協会の主催で開催された。

今年は14個が出品され、審査員である県の職員が、重さや形の良さ、キズ・傷みがないかなどを確認。審査の結果、4年かけて約28キロのこんにゃくいもを生産したJAたのふじ所属の三木俊夫さんが1位横綱賞となった。出品された中で最も重量があり、バランスの良さが評価された。同氏は3年連続で1位を獲得。

県技術支援課の飯塚弘明専門技術員は「年を追うごとにレベルが上がっている。出品者の方々の努力の賜物(たまもの)。これからも生産者、全農群馬、こんにゃく業界皆で盛り上げていきたい」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細