維新・吉村氏「完全な愚策」 10万円給付の巨額経費を批判

記者団の取材に応じる日本維新の会の吉村洋文副代表=29日午後、大阪府庁(清宮真一撮影)
記者団の取材に応じる日本維新の会の吉村洋文副代表=29日午後、大阪府庁(清宮真一撮影)

日本維新の会の吉村洋文副代表(大阪府知事)は29日、18歳以下に現金とクーポンで10万円相当を給付する施策で、現金での一括給付より事務経費が900億円高くなることについて「完全な愚策だ。やめてもらいたい」と批判した。府庁で記者団に答えた。

吉村氏は「政策の理念が見えず、クーポンにする必要がよく分からない。それだったら現金10万円の一括給付にして、900億円は経済的に厳しい人に給付する方がいい」と指摘した。

政府・与党に対し「巨額の財源、皆さんの税金を使うわけだから、納得感はいると思うが、その納得感が得られない。考えなくてはいけないのは、どれだけ財源を使っているのかという感覚だ」と苦言を呈した。

10万円給付はまず5万円を現金で配り、来年春ごろに残る5万円分を子育て関連商品などに使えるクーポンとして配布する。給付にかかる費用は、令和3年度予算の新型コロナ対策予備費で7311億円、3年度補正予算案で1兆2162億円を手当てする。