サシバ越冬、奄美に2000羽 絶滅危惧種の猛禽、白い個体も

鹿児島県・奄美大島の北部で見つかった白いサシバ =20日(鳥飼久裕さん提供)
鹿児島県・奄美大島の北部で見つかった白いサシバ =20日(鳥飼久裕さん提供)

絶滅危惧種の猛禽類サシバの個体数調査が、越冬地の鹿児島県・奄美群島であり、約2千羽が越冬していると推定されることが分かった。珍しい白い個体も見つかり、専門家は「奄美の豊かな生態系が証明された」と話している。

調査は20~23日、奄美大島と加計呂麻島で実施。約60人が手分けして記録した姿や鳴き声から、数を推定した。調査の中心となったアジア猛禽類ネットワークの山崎亨会長(67)は「ほとんど調査できなかった広大な照葉樹林などを考慮すると、さらに多い可能性がある」と分析した。

鹿児島県・奄美大島の北部で見つかった白いサシバ=20日(鳥飼久裕さん提供)
鹿児島県・奄美大島の北部で見つかった白いサシバ=20日(鳥飼久裕さん提供)

奄美大島の北部では、白いサシバの姿も。目撃した奄美野鳥の会の鳥飼久裕会長(61)は「神々しかった。うまく越冬できれば来年戻ってくるかもしれない」と期待していた。

会員限定記事会員サービス詳細