速報

速報

国内感染者が過去最多 新型コロナ「第6波」

山田哲、千賀、今宮も被害 清掃員の野球用品窃盗

プロ野球・ソフトバンクホークスの本拠地「ペイペイドーム」で和田毅投手のグラブを盗んだとして窃盗罪で起訴された清掃員、中浜英寿被告(23)=福岡県糸島市=の公判が29日、福岡地裁であり、検察側は東京ヤクルトスワローズの山田哲人内野手ら3選手の打撃用手袋などを盗んだとする窃盗罪で追起訴していたことを明らかにした。被害に遭ったのは他にソフトバンクの千賀滉大投手と今宮健太内野手。

中浜被告は公判で「お金が欲しくてやった」と認めた。検察側の冒頭陳述などによると、中浜被告は施設内の清掃を担当する業者として出入り。盗んだグラブなどをスポーツ用品店に繰り返し売却し、1千万円以上を得たという。追起訴分は、6月と8月に選手ロッカールームから、山田内野手らの手袋など5点(時価計約23万円相当)を盗んだとしている。