近代五種の馬術除外決定的 28年ロス五輪から新方式

東京五輪で行われた近代五種の馬術=味の素スタジアム(ロイター)
東京五輪で行われた近代五種の馬術=味の素スタジアム(ロイター)

国際近代五種連合(UIPM)は27、28日に開いた総会で、競技から馬術を除外して新種目を採用する理事会案を承認した。2024年パリ五輪は馬術と水泳、フェンシング、射撃、ランニングを合わせた5種目で行い、28年ロサンゼルス五輪では新方式で実施することが決定的となった。

総会では、4日に発表された理事会の決定に81%の加盟国・地域が賛成。新種目の最終決定は来年の総会となるが、国際オリンピック委員会(IOC)が28年五輪の実施競技を協議する来月1日のプログラム委員会に馬術を除外する方式での実施を提案する。

人気低迷で五輪競技から外されることへの懸念や、東京五輪でドイツのコーチが馬をたたいた問題が背景にある。一方で、選手からは反対の声が上がっていた。

同競技は近代五輪の創始者クーベルタン男爵が考案、五輪では1912年ストックホルム大会から実施されている。IOC委員を務めるUIPMのサマランチ・ジュニア副会長は「世界は劇的に変化した。感情や伝統でIOCに訴えるのは賢明ではない」と述べた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細