バルト3国議員団と会談 台湾総統、中国対抗で一致

台湾総統府であいさつを交わす蔡英文総統(右端)とバルト3国の議員ら=29日、台北(中央通信社=共同)
台湾総統府であいさつを交わす蔡英文総統(右端)とバルト3国の議員ら=29日、台北(中央通信社=共同)

台湾の蔡英文総統は29日、訪台しているバルト3国のリトアニアとエストニア、ラトビアの国会議員団と会談した。双方は民主主義や自由を守り、覇権主義を強める中国に対抗していくことで一致。中国は28日に軍用機27機を台湾の防空識別圏に進入させるなど、反発を強めている。

欧州では中国への反発が拡大。リトアニアの首都ビリニュスに18日、「駐リトアニア台湾代表処(代表部に相当)」が設置されるなど、台湾との関係を深めている。リトアニアも近く台北に代表処を設置する。

中国は欧州初の「台湾」の名称を用いた代表処の設置に猛反発。報復として、26日にリトアニアとの外交関係を大使級から臨時代理大使級に格下げした。

中国の軍用機の多くは28日、バシー海峡を越えて台湾の東海域の上空まで飛行した。バルト3国の一行は来月2、3日に台北で立法院(国会)などの主催で開催される国際フォーラムに出席する。(共同)