安倍氏、中国の軍拡警戒 「台湾に現状変更の試み」

自民党の安倍晋三元首相(矢島康弘撮影)
自民党の安倍晋三元首相(矢島康弘撮影)

自民党の安倍晋三元首相は29日、東京都内での講演で、海洋進出を強める中国に関し「軍事費を増やし、南シナ海や東シナ海、尖閣諸島(沖縄県石垣市)、台湾に一方的な現状変更を試みている」と批判した。

中国とロシアの海軍艦艇が同時に日本列島をほぼ1周する行動を取ったことに触れ「台頭する中国とどう付き合うか、戦略的にロシアと関係を改善していくことが死活的に重要だ」と指摘した。

日本維新の会の鈴木宗男参院議員のパーティーで話した。