全外国人の入国禁止発表 イスラエル、変異株対策で

28日、イスラエル・テルアビブ近郊の空港内を歩く旅行者。新変異株「オミクロン株」の感染者が判明し、同国は外国人入国を禁止した(AP)
28日、イスラエル・テルアビブ近郊の空港内を歩く旅行者。新変異株「オミクロン株」の感染者が判明し、同国は外国人入国を禁止した(AP)

新型コロナウイルスの新変異株オミクロン株の拡大を受け、イスラエル政府は27日、全外国人の入国を禁止すると発表した。28日夜から2週間の予定。ロイター通信によると、全外国人の入国禁止措置はイスラエルが初めて。これまではアフリカ南部7カ国のみを入国禁止対象にしていた。

ベネット首相は声明で「経済を回し、教育を継続することが最優先事項であり、そのために国境管理を強化する」と強調。シャケド内相は地元メディアで「新変異株は既にほとんど世界中にあると仮定できる」と理解を求めた。

政府はまた、携帯電話の位置情報にアクセスしてオミクロン株感染者の動向を追跡する措置を始めると発表した。

イスラエルでは、オミクロン株感染が1人確認され、複数の疑い例が報告されている。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細