産経抄

11月28日

沿道の植え込みに、房をなす赤い実を見つけたのは1週間ほど前だった。気付かされた、という方が正しいかもしれない。都心は11月に入ってからも穏やかな日和が続き、こちらは季節の移ろいに鈍くなっていた。

▼草木は早々と冬支度を済ませ、暦が進むのを待っていたらしい。〈鵯(ひよどり)のこぼし去りぬる実の赤き〉と与謝蕪村の句にある。ナンテンやセンリョウ、マンリョウなど、冬を代表する木の実には赤が多い。小欄が目にしたのは、トキワサンザシというバラ科の木だった。

▼赤い実は「色仕掛けで鳥を誘う」タイプだと、これは植物生態学者、多田多恵子さんの著書『種子(タネ)たちの知恵』に教わった。実の中には種がある。鳥の餌となって遠くへ運ばれ、〝落とし物〟に紛れてよそで子孫を増やす。「赤」は鳥の目を引くための化粧という。

ランキング

  1. 【新聞に喝!】時代とずれた価値観の強制 イスラム思想研究者・飯山陽

  2. 【石平のChina Watch】「習氏ボイコット」が始まった

  3. 【産経抄】1月23日

  4. 【正論】画期的な「旧宮家からの養子」案 国士舘大学特任教授、日本大学名誉教授・百地章

  5. 【日曜に書く】人類はわずか30年後に滅亡し、進化形「ホモ・AIエンシス」が誕生する 論説委員・長辻象平

  6. 【主張】尾身氏の発言 いたずらに混乱させるな

  7. 【主張】日米首脳会談 「核抑止」の欠落は疑問だ

  8. 【主張】東証の市場再編 投資呼び込む魅力高めよ

  9. 【国語逍遥(93)】創作漢字 「バーチャル」を漢字一文字にするならば… 清湖口敏

  10. 【石平のChina Watch】「歴史決議」で見えた習主席の限界