現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

11月28日

沿道の植え込みに、房をなす赤い実を見つけたのは1週間ほど前だった。気付かされた、という方が正しいかもしれない。都心は11月に入ってからも穏やかな日和が続き、こちらは季節の移ろいに鈍くなっていた。

▼草木は早々と冬支度を済ませ、暦が進むのを待っていたらしい。〈鵯(ひよどり)のこぼし去りぬる実の赤き〉と与謝蕪村の句にある。ナンテンやセンリョウ、マンリョウなど、冬を代表する木の実には赤が多い。小欄が目にしたのは、トキワサンザシというバラ科の木だった。

▼赤い実は「色仕掛けで鳥を誘う」タイプだと、これは植物生態学者、多田多恵子さんの著書『種子(タネ)たちの知恵』に教わった。実の中には種がある。鳥の餌となって遠くへ運ばれ、〝落とし物〟に紛れてよそで子孫を増やす。「赤」は鳥の目を引くための化粧という。

ランキング

  1. 【産経抄】5月18日

  2. 【正論】G7協調からNATOと連携を 東洋学園大学教授・櫻田淳

  3. 【主張】北コロナ感染拡大 まず軍事挑発停止が先だ

  4. 【主張】原発審査の提言 首相が再稼働を主導せよ

  5. 【正論】私が若い頃から保守だったわけ エッセイスト・動物行動学研究家 竹内久美子

  6. 【社説検証】韓国新政権始動 産経「国と国の約束果たせ」/朝毎東「首脳同士で修復を」

  7. 【浪速風】国技が教えてくれる

  8. 【産経抄】5月17日

  9. 【一筆多論】拒否権が弄ばれた挙げ句 内畠嗣雅

  10. 【主張】免許更新制の廃止 教員の資質向上策明確に

会員限定記事