産経抄

11月27日

「原油価格の安定は、新型コロナからの経済回復を実現するうえで重要だ」。政府は24日、原油価格高騰を抑えるため国家備蓄からの石油放出を表明し、岸田文雄首相はこう訴えた。とはいえ、その後も石油製品に目立った値下がりはみられず、家計を直撃し続けている。

▼背景には、欧米主導の脱炭素の流れによる石油・天然ガス開発の停滞がある。バイデン米大統領らの再三の増産要求を退けてきた産油国側には、高値を維持したい思惑もあろう。テレビをつけると「脱炭素、脱炭素」とかしましいが、エネルギーの安定供給は大丈夫かと不安になる。

▼10日には気象庁が南米ペルー沖で海面水温が低い状態が続き、世界的な異常気象の原因とされる「ラニーニャ現象」が発生したとみられると発表した。本格的な冬を前に、日本海側を中心とした大雪や、それに伴う大規模停電が心配である。

ランキング

  1. 【新聞に喝!】時代とずれた価値観の強制 イスラム思想研究者・飯山陽

  2. 【石平のChina Watch】「習氏ボイコット」が始まった

  3. 【産経抄】1月23日

  4. 【正論】画期的な「旧宮家からの養子」案 国士舘大学特任教授、日本大学名誉教授・百地章

  5. 【主張】尾身氏の発言 いたずらに混乱させるな

  6. 【国語逍遥(93)】創作漢字 「バーチャル」を漢字一文字にするならば… 清湖口敏

  7. 【主張】日米首脳会談 「核抑止」の欠落は疑問だ

  8. 【主張】東証の市場再編 投資呼び込む魅力高めよ

  9. 【世界の論点】コロナ「反ワクチン派の自由」

  10. 【風を読む】廃校を狙う中国エリート校 論説副委員長・佐々木類