現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

11月27日

「原油価格の安定は、新型コロナからの経済回復を実現するうえで重要だ」。政府は24日、原油価格高騰を抑えるため国家備蓄からの石油放出を表明し、岸田文雄首相はこう訴えた。とはいえ、その後も石油製品に目立った値下がりはみられず、家計を直撃し続けている。

▼背景には、欧米主導の脱炭素の流れによる石油・天然ガス開発の停滞がある。バイデン米大統領らの再三の増産要求を退けてきた産油国側には、高値を維持したい思惑もあろう。テレビをつけると「脱炭素、脱炭素」とかしましいが、エネルギーの安定供給は大丈夫かと不安になる。

▼10日には気象庁が南米ペルー沖で海面水温が低い状態が続き、世界的な異常気象の原因とされる「ラニーニャ現象」が発生したとみられると発表した。本格的な冬を前に、日本海側を中心とした大雪や、それに伴う大規模停電が心配である。

ランキング

  1. 【産経抄】5月18日

  2. 【主張】北コロナ感染拡大 まず軍事挑発停止が先だ

  3. 【主張】原発審査の提言 首相が再稼働を主導せよ

  4. 【正論】私が若い頃から保守だったわけ エッセイスト・動物行動学研究家 竹内久美子

  5. 【浪速風】国技が教えてくれる

  6. 【一筆多論】拒否権が弄ばれた挙げ句 内畠嗣雅

  7. 【風を読む】シェルター整備は首相の務めだ 論説副委員長・榊原智

  8. 【正論】G7協調からNATOと連携を 東洋学園大学教授・櫻田淳

  9. 【産経抄】5月17日

  10. 【主張】コロナ対策の強化 司令塔への権限集中を 病床確保は強制力伴う措置で

会員限定記事