ヤクルト、20年ぶり日本一 延長でオリックス破る

【プロ野球日本シリーズオリックス対ヤクルト】延長12回、適時打を放つヤクルト・川端慎吾=ほっともっとフィールド神戸(松永渉平撮影)
【プロ野球日本シリーズオリックス対ヤクルト】延長12回、適時打を放つヤクルト・川端慎吾=ほっともっとフィールド神戸(松永渉平撮影)

プロ野球のSMBC日本シリーズ2021は27日、神戸市のほっともっとフィールド神戸で第6戦が行われ、ヤクルトがオリックスに延長十二回、2―1で競り勝って対戦成績を4勝2敗とし、20年ぶり6度目の日本一に輝いた。

試合は今シリーズ初の延長戦となり、ヤクルトが十二回、代打川端の適時打でリードを奪い、その裏はマクガフがオリックス打線をおさえて逃げ切った。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で日程が1週間遅れたため、京セラドーム大阪は別のイベントが入って使用できず、25年ぶりに神戸での開催となった。

【フォト特集】高津監督、10度宙へ ヤクルト、20年ぶり日本一