米、8カ国に渡航制限 南アなど、新変異株で

【ワシントン=塩原永久】米政府は26日、南アフリカなどで確認された新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大防止策として、南アを含むアフリカ南部8カ国からの渡航を29日から制限すると発表した。

オミクロン株による感染症の性質は現時点で不明な点が多く、バイデン大統領は声明で、渡航制限について「さらなる情報が得られるまでの予防的な措置」だと説明した。

対象地域は南ア、ジンバブエ、ナミビア、レソト、モザンビーク、ボツワナなど。いずれもアフリカ中南部に位置しており、ワクチンの接種率が低いため、感染が急拡大する恐れもあるとされる。

渡航制限は米国民や米国永住権を持つ人には適用しない。米国民以外で14日以内に対象地域で滞在歴のある人は、米国への渡航が原則として認められない。

一方、バイデン氏は米国在住者に対して、新型コロナワクチンの効果を高める追加接種(ブースター)が「最善の防御策だ」と指摘し、早期接種を促した。

また、発展途上国や貧困国を念頭に、新たな変異株が「世界規模でワクチン接種を進めない限りコロナ流行が終わらないことを浮き彫りにした」と強調。ワクチン調達で出遅れた途上国などへのワクチン供給を各国が加速するよう訴えた。

会員限定記事会員サービス詳細