伊藤、早田組と石川、平野組が3回戦進出 世界卓球第3日

女子ダブルス2回戦を突破した伊藤(右)、早田組=ヒューストン(共同)
女子ダブルス2回戦を突破した伊藤(右)、早田組=ヒューストン(共同)

卓球の世界選手権個人戦第3日は25日、米ヒューストンで行われ、女子ダブルス2回戦で、前回準優勝の伊藤美誠(スターツ)、早田ひな(日本生命)組と石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)組がともにストレート勝ちして3回戦に進んだ。

混合ダブルス2回戦では張本智和(木下グループ)、早田組が宇田幸矢(明大)、芝田沙季(ミキハウス)組との日本勢対決を制した。男子ダブルスの張本、森薗政崇(BOBSON)組と宇田、戸上隼輔(明大)組も3回戦に進んだ。

シングルス3回戦は、女子の平野と早田、石川が勝って4回戦進出。伊藤も芝田を4―3で振り切った。男子は戸上が敗れ、出場した日本勢5人全員が敗退となった。(共同)