大谷、MVPに改めて思い「ほっとしている」

会見に臨む米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手=15日午前、東京都千代田区(桐山弘太撮影)
会見に臨む米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手=15日午前、東京都千代田区(桐山弘太撮影)

米大リーグでア・リーグ最優秀選手(MVP)に輝いたエンゼルスの大谷翔平が26日、用具提供を受けるアシックスの動画でのインタビューで「取るか取らないかは全然違うし、うれしいというよりも、ほっとしているというのが大きかった」と改めて受賞の感想を述べた。

既に来年に向けたトレーニングを開始。フィジカル向上を主眼としたメニューをこなしているそうで「疲れはない。十分に休めたし、ここからは練習メインで来年以降を見据え、どんどん追い込んでいけたら」と意欲的だった。

投手で9勝、打者では46本塁打、100打点をマークした今季には「いいシーズンだったけど、もっと超えたいという数字もあった」と言う。個人成績のさらなる向上を期すとともに「優勝を目指して頑張りたい。そこに貢献するためにも、1年間フルで健康を維持して出られるよう頑張りたい」と誓った。

会員限定記事会員サービス詳細