速報

速報

日大の田中英寿理事長逮捕、脱税の疑い 東京地検

慶応大と東京歯科大、令和5年春の統合延期

慶応大学三田キャンパス
慶応大学三田キャンパス

慶応大(伊藤公平塾長)と東京歯科大(井出吉信学長)は26日までに、運営する学校法人の合併に向けた協議のスケジュールを見直すと発表した。令和5年4月をめどとしていた東京歯科大歯学部の慶応大への統合時期が延期される。新型コロナウイルスへの対応で双方に時間的余裕がないことなどが理由としている。

慶応大は「感染拡大の第5波が教育や研究、医療を取り巻く環境に重大な変化をもたらした」と説明。「めどに拘束されることなく協議を十分深める」とし、今後の時期の見通しは公表していない。

両大学は昨年11月、学校法人の合併協議を始めると発表。実現すれば、医学部、看護医療学部、薬学部がある慶応大に東京歯科大歯学部が統合し、医療系4学部を持つ私立の総合大学が誕生する見込みだった。

東京歯科大の創設者は、福沢諭吉が立ち上げた慶応義塾の出身で、慶応大とゆかりがあった。