職務で知り合った女性に強制性交 巡査長を懲戒処分,書類送検

千葉県警本部=千葉市中央区
千葉県警本部=千葉市中央区

職務を通じて知り合った女性に性的暴行したなどとして千葉県警は26日、成田署地域課で駐在所勤務の男性巡査長(37)を強制わいせつと強制性交の疑いで書類送検し、減給100分の10(6カ月)の懲戒処分とした。巡査長は同日付で依願退職した。

県警によると、巡査長は平成31年4月ごろ、職務を通じて同署管内在住の女性と知り合い、昨年7月ごろに連絡先を交換。その後はLINEでやり取りするようになったという。巡査長は昨年7月31日と8月6日の勤務中に女性の家を訪れ、わいせつな行為をしたほか、公休日だった同年8月7日に女性の自宅で性行為をした。

今年4月、女性が県警にメールで相談を行い、9月に被害届がされていた。巡査長は「男女の関係になれると思ってしまった」と話しているという。