パトカー追跡の軽乗用車が別の車と衝突、運転の男女重傷

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

26日午前4時10分ごろ、東京都町田市小山ケ丘の十字路交差点で、パトカーの追跡から逃走した軽乗用車が別の乗用車と衝突した。軽乗用車を運転していた男性(19)が首の骨を折り、助手席に乗っていた10~20代とみられる女性が頭と胸を強く打つなど重傷を負った。

警視庁南大沢署によると、事故前、軽乗用車は現場から1・5キロ離れた交差点で、赤信号を無視してパトカーに追跡され、時速100キロ以上で逃走していた。その間も信号無視を繰り返しており、パトカーの警察官が危険と判断、約1キロ程度で追跡を中止した。その後、軽乗用車は交差点を右折して乗用車と衝突したという。

警視庁は「追跡は適正だった」としており、当時の状況を詳しく調べている。