産経抄

11月26日

最近の若い夫婦は外食か、調理済みの食品を買ってくることが多い。家で調理する機会が減って、包丁が姿を消しつつある。日本の食文化にとって大いなる危機ではないか。

▼新聞記者の山岡士郎がこんな内容の記事を東西新聞の文化欄に掲載すると、大変な反響が返ってきた。漫画「美味しんぼ」(雁屋哲原作、花咲アキラ作画)に「包丁のない家庭」と題した作品があった。確かにカット野菜などを上手に使えば、まな板ともども必要ないかもしれない。

ランキング

  1. 【産経抄】12月9日

  2. 【主張】外交ボイコット 首相は旗幟を鮮明にせよ

  3. 【主張】日大の再生 組織統治の欠如に猛省を

  4. 【正論】「科学技術安保政策」へ踏み出せ 元内閣官房副長官補同志社大特別客員教授・兼原信克

  5. 【浪速風】ノーベル賞でハッピーに

  6. 【正論】安保で対中国「レッドライン」を 元駐米大使・加藤良三

  7. 真珠湾攻撃80年 あの日と今日は地続きにある 論説委員長・乾正人

  8. 【直球&曲球】野口健 「富士山噴火」への備えを急げ

  9. 【耳目の門】(40)改憲勢力 本丸の「9条改正」に歩みを 特別記者・石井聡

  10. 【産経抄】12月8日