長期の不満噴出か、引き金確認されず 愛知中3刺殺

愛知県警察本部
愛知県警察本部

愛知県弥富市の市立中で3年の男子生徒(14)が刺され死亡した事件で、逮捕された少年(14)と生徒の間に直接のきっかけとなるような大きなトラブルが確認されていないことが26日、捜査関係者への取材で分かった。愛知県警は、長期にわたり募らせた生徒への不満が一気に噴出した可能性もあるとみて、引き金となった出来事や直前の経緯を詳しく調べる。

捜査関係者によると、少年は「嫌なことをされ、恨みを募らせていた」との趣旨の供述をしている。凶器の包丁はインターネット通販で購入したと説明。事件2日前の今月22日に手元に届いたとみられる。

県警によると2人は同じ小学校出身で中2も同じクラス。中3で別のクラスだった。少年は24日午前8時ごろ、校内の廊下で包丁で刺したとして、殺人未遂容疑で現行犯逮捕され、25日に殺人容疑で送検された。