中国の現状変更に「強く反対」 日加外相会談

林芳正外相(矢島康弘撮影)
林芳正外相(矢島康弘撮影)

林芳正外相は26日午前、カナダのジョリー外相とテレビ電話会談を行い、東・南シナ海における中国の力による一方的な現状変更の試みや経済的威圧に対して「強く反対」していくことで一致した。北朝鮮による拉致問題や核・ミサイル開発に関し、連携していくことも確認した。

林氏はまた、北朝鮮が海上で積み荷を移し替える「瀬取り」の警戒監視活動にカナダが参加していることを高く評価した。両氏は「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け具体的協力を進めていくことでも一致した。