放火殺人容疑の伯父を送検、動機など捜査 小学生兄弟死亡火災

送検のため兵庫県警加古川署を出る松尾留与容疑者=26日午前、兵庫県加古川市(前川純一郎撮影)
送検のため兵庫県警加古川署を出る松尾留与容疑者=26日午前、兵庫県加古川市(前川純一郎撮影)

兵庫県稲美町で民家が全焼し、焼け跡から住人の小学生兄弟の遺体が見つかった放火事件で、兵庫県警加古川署捜査本部は26日朝、殺人と現住建造物等放火容疑で、同居していた兄弟の伯父で無職、松尾留与(とめよ)容疑者(51)を送検した。

午前8時20分すぎ、松尾容疑者を乗せたワゴン車が署を出発。松尾容疑者は後部座席に座り、黒っぽい上着のフードをかぶって下を向いていた。

捜査本部によると、松尾容疑者は19日午後11時35分~40分ごろ、木造2階建ての当時の自宅に放火して全焼させ、就寝中だった同居の小学6年、松尾侑城(ゆうき)君(12)と同1年、真輝(まさき)君(7)兄弟を殺害したとして、24日に逮捕された。

これまでの調べに容疑を認め、「ガソリンを使った」などと供述。捜査本部は今後、詳しい動機の解明などを進める。