SMS認証を不正代行 容疑で料理人の男を逮捕 警視庁

押収されたSIMカードやスマートフォンなど=26日午前、警視庁大塚署
押収されたSIMカードやスマートフォンなど=26日午前、警視庁大塚署

インターネットサービスなどの利用に必要な本人確認の手続き「SMS認証」を代行し、他人にアカウントを不正取得させたとして、警視庁サイバー犯罪対策課は、私電磁的記録不正作出・同供用の疑いで、埼玉県所沢市荒幡の料理人、沢涼太容疑者(28)を逮捕した。沢容疑者は「犯罪になるとは思わなかった」と供述している。

同課によると、沢容疑者はSNSで客を募り、2~7月までに1回2千円程度で、計300回ほどSMS認証の代行を行っていたという。沢容疑者の自宅からはSIMカード約100枚が見つかった。

逮捕容疑は5月8日、岐阜県の20代の女性がフリーマーケットサイトにアカウント登録する際、SMS認証を代行し、不正にアカウントを取得させたとしている。