ディーン・フジオカ 〝故郷〟のため声優初挑戦

「故郷とのつながりを感じられた」と作品を語るディーン・フジオカ=東京都千代田区(石井健撮影)
「故郷とのつながりを感じられた」と作品を語るディーン・フジオカ=東京都千代田区(石井健撮影)

「フラ・フラダンス」(総監督・水島精二)は、フジテレビによる東日本大震災の被災地支援プロジェクトから生まれたアニメーション映画。この映画で、アニメの声優に初挑戦したのがディーン・フジオカ(41)。「やらない理由がない作品」と語るそのわけは-。

フジテレビは、被災地支援の一環として「ずっとおうえん。プロジェクト2011+10…」と銘打ち、岩手、宮城、福島の3県それぞれを舞台にしたアニメ作品を3本作った。作品の舞台をファンが訪問する〝聖地巡礼〟が、長期的な観光支援につながるだろうというもくろみだ。

そのうちの1本が、この「フラ・フラダンス」。福島県の温泉施設のダンシングチームの新入社員、夏凪日羽(なつなぎ・ひわ)が主人公の青春物語。日羽は震災で、人気ダンサーだった姉を亡くしていた。

フジオカは、日羽があこがれる先輩社員、鈴懸(すずかけ)涼太の声を演じた。声優はこれが初挑戦。鈴懸は重要な場面で登場し、物語の要所を締める。

「声優は、まだ経験したことのない声の使い方、表現の仕方を学ぶきっかけになるだろうと考えました」

来月、新作アルバムを発売するミュージシャンでもあり、モデル、絵本作家…と幅広く活動し、「あらゆる表現活動が重層的に響き合って自分を形成する」と語るフジオカらしい出演動機だ。

だが、さらに「縁を感じた。この作品をやらない理由はなかった」ともいう。フジオカは、生まれが福島県須賀川(すかがわ)市なのだ。千葉に引っ越すが、その後も少年時代の夏休みなどは決まって福島で過ごした。