みかじめ料500万円超 キャバクラ店経営者に勧告

神奈川県警本部
神奈川県警本部

暴力団に現金を提供したとして、神奈川県警暴力団対策課は26日、県公安委員会が県暴力団排除条例に基づき、飲食店経営の男性(36)に利益供与をしないよう、また指定暴力団稲川会系組幹部の男(44)に利益供与を受けないよう、それぞれ勧告したと発表した。

同課によると、男性は同会系組員に平成31年から令和3年までの間、毎年1月上旬ごろに3回にわたって、男性が県内で経営するキャバクラ店のみかじめ料名目で現金計504万円を提供した。

男性は事情聴取に対して平成19年に店を開業する際、同会系組員が訪ねてきたことをきっかけに、みかじめ料を支払ってきたと説明。「地元の暴力団にみかじめ料を払っておけば、ほかの暴力団組織が店に来ないだろうと思った」などとも話しているといい、これまで同会側に提供された金額は総額2500万円を超えるものとみられている。男性と男のいずれも勧告を受け入れたという。