ディオール写真に批判殺到 「中国人侮辱」で撤回

「ディオール」が公開したとみられる女性モデルの写真(「微博(ウェイボ)」から、共同)
「ディオール」が公開したとみられる女性モデルの写真(「微博(ウェイボ)」から、共同)

フランスの高級ファッションブランド「ディオール」が中国の美術展で今月公開した女性モデルの写真に「アジア人や中国人を侮辱している」といった批判が殺到、25日までに写真の撤回に追い込まれた。

問題視されたのはバッグを手にしたアジア系モデルの写真。中国人の有名な女性写真家、陳漫氏が撮影、12日に上海の美術館で始まった美術展で公開された。

中国紙、北京日報はモデルについて「陰険な目つきで暗い表情だ」と指摘。インターネット上では「化粧に違和感がある」「悪意をもって中国人をステレオタイプ化している」などと批判された。

ディオールは23日、短文投稿サイト、微博(ウェイボ)上で、写真は芸術作品だと強調。批判が上がった後に「速やかに削除した」と釈明した。中国メディアによると写真は9年前に撮影されたもの。(共同)