26日にもNTTドコモに行政指導 大規模中心障害で

NTTドコモ
NTTドコモ

NTTドコモが10月に発生させた大規模な通信障害について、総務省がドコモに行政指導を行うことが25日、分かった。26日にも実施する。通信障害への対応のまずさが影響を拡大させた一因となったこともあり、再発防止策を徹底させる。

障害はネットワーク工事の失敗を発端に10月14日午後5時ごろ発生。全面復旧には約29時間かかった。影響人数は音声通話で約460万人、データ通信で830万人以上と推計しており、一時的に100万人が携帯電話が完全に使えなくなったとしている。通信がつながりにくい状況が続く中で「回復」と発表したことで通信が集中し、混乱が広がった。

総務省はドコモに対し、工事を実施する際の手順の確認の徹底や利用者への情報提供の改善を求める。改善策を業界全体で共有するよう要請する。