産経抄

11月25日

明らかに韓国の全斗煥大統領を狙ったテロだった。1983年10月、ビルマ(現在のミャンマー)の国立墓地で爆発が起こり、訪問中だった大統領一行の4閣僚を含む21人が死亡した。爆弾を仕掛けたのは、北朝鮮の工作員である。

▼もっとも当時、軍事独裁政権を率いていた大統領本人は、乗っていた車が2分遅れて到着したためからくも難を逃れた。23日に90歳の天寿を全うした全氏を追悼する声が、ほとんど聞こえてこないのはどうしたことだろう。

▼同じく軍人出身で全氏の後継者だった盧泰愚元大統領もまた、先月亡くなったばかりである。2人は共に、80年に光州で起きた民主化運動に対する弾圧の責任を問われて、大統領退任後に投獄された経験をもつ。いわゆる光州事件では、軍の発砲により百数十人の死者が出たとされる。

ランキング

  1. 【石平のChina Watch】「厳冬期」を迎える中国経済

  2. 【産経抄】12月9日

  3. 【主張】外交ボイコット 首相は旗幟を鮮明にせよ

  4. 【主張】日大の再生 組織統治の欠如に猛省を

  5. 【正論】「科学技術安保政策」へ踏み出せ 元内閣官房副長官補同志社大特別客員教授・兼原信克

  6. 真珠湾攻撃80年 あの日と今日は地続きにある 論説委員長・乾正人

  7. 【直球&曲球】野口健 「富士山噴火」への備えを急げ

  8. 【産経抄】12月8日

  9. 【浪速風】ノーベル賞でハッピーに

  10. 【正論】安保で対中国「レッドライン」を 元駐米大使・加藤良三