自民、党改革で初会合 統治原則策定へWT設置

自民党の党改革実行本部で発言する茂木敏充幹事長。右は上川陽子座長=25日午後、東京・永田町の自民党本部(矢島康弘撮影)
自民党の党改革実行本部で発言する茂木敏充幹事長。右は上川陽子座長=25日午後、東京・永田町の自民党本部(矢島康弘撮影)

自民党は25日、党改革実行本部(本部長・茂木敏充幹事長)の初会合を党本部で開いた。茂木氏は、党の行動指針となる「ガバナンス・コード」(統治原則)策定へ外部の有識者を加えたワーキングチーム(WT)を設置すると表明した。統治原則導入で党運営の公平性や透明性を高め、国民の信頼を得る狙いがある。

茂木氏は会合で「役員の任期制限やガバナンスなど、近代政党にふさわしいルール作りの議論を進めたい」と強調した。国民の意見を反映させるため、アンケートを実施する考えも示した。

会合には約50人の議員が参加。検討項目として「大胆なガバナンス改革」「国民との対話強化」「未来志向の政党としての組織の在り方」といった7分野を示し、意見を聴取した。