逮捕の伯父 殺人と放火の容疑を認める 小学生兄弟死亡

小学生兄弟の遺体が見つかった現場=24日午後5時、兵庫県稲美町(小林宏之撮影)
小学生兄弟の遺体が見つかった現場=24日午後5時、兵庫県稲美町(小林宏之撮影)

兵庫県稲美町で民家が全焼し、焼け跡から住人の小学生兄弟の遺体が見つかった放火事件で、同居していた兄弟の伯父、松尾留与(とめよ)容疑者(51)=殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕=が逮捕後の調べに、「間違いありません」と容疑を認めていることが、兵庫県警への取材でわかった。松尾容疑者は出火後に行方が分からなくなっていたが、県警が24日午後1時ごろ、大阪市北区の扇町公園付近で発見。任意同行の求めに対し、素直に応じたという。

県警によると、火災は19日深夜に発生し、木造2階建て民家が全焼。この家は5人暮らしで、兄弟のほか50代の父親と40代の母親、母親の兄である松尾容疑者が住んでいた。出火の直前、父親が仕事を終えた母親を迎えに外出しており、両親は無事だった。

出火と同じころ、近所の防犯カメラに松尾容疑者とみられる男が徒歩で立ち去る姿が写っていたが、その後、行方が分からなくなっていた。