林外相、対中は「毅然と主張し、対話続ける」

報道各社のインタビューに応じる林芳正外相=11月25日午後、外務省(代表撮影)
報道各社のインタビューに応じる林芳正外相=11月25日午後、外務省(代表撮影)

林芳正外相は25日、報道各社のインタビューに応じ、中国との関係について「普遍的価値を共有する国々と連携しながら、主張すべきは毅然(きぜん)として主張し、責任ある行動を求める。同時に対話を続けて、共通の諸課題について協力していく」と述べた。岸田文雄首相が習近平国家主席との電話会談で呼び掛けた「建設的かつ安定的な日中関係」の構築に向け、硬軟両様で対応していく考えを示した。

林氏は就任時まで日中友好議員連盟の会長を務めていた。インタビューでは、中国の兵法書「孫子」の「敵を知り己を知れば百戦危うからず」との格言を挙げ「交渉などをする上で、相手をよく知っていることは知らないよりはいい」と語った。日中外相電話会談で訪中の招請を受けたことへの対応は「現段階で何も決まっていない」とした。

日韓関係に関しては「国と国との約束を守るのは国家間の関係の基本だ」と強調。いわゆる徴用工問題をめぐる韓国側の対応を「明確な国際法違反だ」とし、仮に差し押さえられた日本企業の資産が現金化されれば「深刻な状況を招く」として、韓国側に適切な対応を求める考えを強調した。