七福神巡りでコロナ禍に安らぎを 埼玉の9寺社

9寺社による団体の発足式=23日、埼玉県飯能市(霊峰二山飯能七福神提供)
9寺社による団体の発足式=23日、埼玉県飯能市(霊峰二山飯能七福神提供)

七福神や厄疫退散にゆかりのある埼玉県飯能市、日高市の9寺社が、団体「霊峰二山飯能七福神」を設立し、新たな巡礼のルートとしてPRを始めた。新型コロナウイルス感染拡大の長期化で不安が広がる世相を念頭に、招福を願うことで安らぎを取り戻してほしいと期待している。

9寺社は飯能市の廣渡寺、心應寺、長念寺、興徳寺、法光寺、秩父御嶽神社、天龍寺、八王寺と、日高市の瀧泉寺。

それぞれの寺社は、かわいらしい七福神のイラストなどを添えた色紙や納経帳を用意したほか、案内看板の設置などを進めている。廣渡寺の平山良海副住職は「七福神巡りをきっかけに、多くの方に足を運んでもらえれば」と話した。